GWの思い出「週刊少年ジャンプ展VOL.2」行ってきました!意外と空いていておススメです!!

こんばんは、ブルーです。

今日は六本木ヒルズで開催されている「週刊少年ジャンプ展VOL.2」に夫氏と、娘ほっきー(1歳)と行ってきました

。90年代の軌跡がわかる『週刊少年ジャンプ展VOL.2』はDB,幽白、ダイの大冒険、ジョジョなどジャンプ黄金期作品の原画が沢山展示してあり感動!

平日とはいえ、GW中だから混んでいるかと覚悟して行きましたが、予想に反してめちゃめちゃ空いていました。 入館したのが10時前だったからかな?お陰様で沢山の美麗生転校をじっくり見ることができました♡

 

↓ 注意!ここからは、ネタバレを含みます。

まずは入口、各漫画のタイトルロゴがお出迎えです。
そして壁一面にジャンプ色の印刷っぽい原稿が並べられてます。
夫氏と、「これはレベルEのページだ。」「ワイルドハーフ、懐かしい!」とテンション上がります。ジャンプを読んだことない1歳のほっきー、ベビーカーでぼんやり…(;´∀`)

そして入れ替え制の映像コーナーへ。
少年ジャンプの90年代を象徴する映像が流れます。
スラムダンクの映像で始まり、ドラゴンボールの映像で終わります。おそらく混雑緩和対策でしょう。ほっきーが泣かなくて良かった(;´∀`)

映像コーナーの後は、作者別に作品紹介、生原稿展示コーナーへと続きます。人気だった作品は展示スペースが大きく展示物も凝っていました。ドラゴンボール、こち亀、幽白、遊戯王、るろ剣、ろくでなしブルース、スラダン、すごいよマサルさんあたりは人気だったんだなぁ、と。またアニメ化された作品はアニメのOPもエンドレスで流れていました。スラダンるろ剣のOPは懐かしくて子どもの頃を思い出しました。スラダンのED曲、小学校の時、縄跳び大会の曲になってたなぁ、とか(笑)  すっかり忘れていたけれど、テンテンくんのOP、当時家族で爆笑しながら観ていたけれど、会場でも皆さん笑っていましたww

個人的には「ダイの大冒険」「アウターゾーン」の展示があって嬉しかったです!

そしてジャンプを読んだことがない娘ほっきー、ベビーカーで寝てくれました(^^) ぐずって、まわりに迷惑掛けたくないなぁ、とハラハラしてたので寝てくれてラッキーです。

基本的に写真撮影は禁止ですが、オッケーな場所が2か所ほどありました。

一番多く売れた時のジャンプの表紙。空いてたので待たずに撮影できました。

まだ寝ているほっきーと。

会場の出口では、入場チケットの提示で来場者プレゼントとして、表紙ステッカーが1枚もらえます。
私たちはこち亀るろ剣のステッカーをゲットしました。

最後にグッズ販売のコーナーがあり、終了。空いていたのに2時間くらい滞在していました。

出口をでた先にコラボカフェもありました。

あまり下調べをせずに行ったので、「子どもっぽすぎて、退屈するかも…」「1歳のほっきーを連れていっても大丈夫かな」など心配はありましたが、全然大丈夫でした! とにかく何を見ても懐かしい!!30代で、子どもの頃ジャンプを読んでいた人なら全員楽しめるはずです!

以下基本情報                              創刊50周年記念「週刊少年ジャンプ展VOL.2」-1990年代、発行部数653万部の衝撃-
2018年3月19日(月)から6月17日(日)まで
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間 10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
2018年4月28日(土)から2018年5月6日(日)の間のみ9:00~21:00

 

ジャンプ展の後は、ミッドタウン隣の檜町公園(ひのきちょうこうえん)までお散歩。沢山のこいのぼりと、ハワイフェスで盛り上がっていました。

さすが六本木、こいのぼりもオシャレ!

檜町公園で遊ぶほっきー。ジャンプ展の100倍生き生きしていました。親の趣味に付き合ってくれてありがとね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です